ストレスは美肌の天敵!肌に与える悪影響を詳しく教えて!

ストレスはさまざまな肌トラブルの元で肌に対して多くの悪影響を与えます。ストレスは肌に悪そうだとなんとなく思っていても、どのようなトラブルが、どのようなメカニズムで引き起こされるかはご存知でしょうか。
今回はストレスによる肌トラブルや、ストレスが肌に与える3つの悪影響について詳しくご紹介します

ストレスは想像以上に肌トラブルの原因になっている

紫外線や空気の乾燥などの外部ストレスが肌トラブルの原因になることは想像しやすくても、人間関係の悩みや睡眠不足など内的ストレスが肌に与える影響は少しイメージしにくいのではないでしょうか。

ストレスは想像以上にさまざまな肌トラブルの原因になります。

ストレスがたまると肌がくすんだりハリがなくなる、にきびができる、しわやしみができるなどおそろしい肌トラブルがたくさん発生することがわかっているのです。

多くの人が毎日ストレスを抱えて生活しています。肌の不調を感じてさまざまなスキンケアを試してみたけれど効果が実感できないという方は、ストレスが原因かもしれません。

ストレスが肌に与える3つの悪影響を解説

ストレスは想像以上に肌へ負担を与えています。「ストレスがたまると肌も荒れるなあ」という実感はあっても、具体的にストレスが肌トラブルの原因になるメカニズムを理解している方は少ないのではないでしょうか。

それではどのように肌トラブルが引き起こされるのでしょうか。

◆活性酸素が発生して肌が老化する

 

ストレスを受けると体の中で活性酸素(フリーラジカル)が大量に発生します。

活性酵素は強い酸化力を持った物質で、細胞を酸化させて老化を促進してしまったり、また肌細胞自体が傷つけられてしまったりとさまざまな肌トラブルの原因になります。

細胞が老化するとターンオーバーが乱れて肌のバリア機能が低下し、しみやしわ・たるみなどの原因になります。

◆ホルモンバランスが乱れてにきびができる

 

ストレスを受けるとストレスに対抗するストレスホルモンが分泌されます。ストレスホルモンは強い影響力を持つため、大量に分泌されると体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果男性ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まり、にきびが発生してしまいます。思春期にきびと違い大人にきびはストレスの象徴ともいえます。

◆バリア機能・免疫機能が低下して敏感肌になる

 

ストレスを受けると皮膚の温度が下がるということがわかっています。これはストレスの影響で自律神経が乱れ血行不良になるためです。

血行の悪い肌は働きそのものが大幅に低下します。「タイトジャンクション」という健康な角層を生み出す物質の働きが乱れ、良質な各層が作られずに外部刺激から肌を守る機能が弱くなります。

バリア機能が弱まると外部刺激に対して敏感に反応したり、水分が蒸発して乾燥肌になるなどさまざまな肌トラブルが発生します。

このようにストレスは肌に多くの悪影響を与えてしまいます。肌が荒れたり急に老けたように見えるとますますストレスがたまってしまい、悪循環に陥ってしまいますよね。

ストレス肌対策にアヤナスはもっとも効果的!

ストレスは想像以上に肌に悪影響を与えるのですがその悪影響とは、
活性酸素が発生して肌が老化する
ホルモンバランスが乱れてにきびができる
バリア機能・免疫機能が低下して敏感肌になる
などであることをご説明しました。

ストレス肌を改善するにはストレスを溜め込まずに上手に発散することが一番ですが、なかなかそうもいきませんよね。実はリニューアルしたアヤナスはストレス肌対策に大きな効果があります。

ストレスに対抗するディセンシアのオリジナル成分「ストレスバリアコンプレックス」がストレスによる肌のダメージをケアするのです。

ストレスバリアコンプレックスはタイトジャンクションを活性化する「パルマリン」、血行を促進し温度を上昇させる「ジンセンX」、抗酸化作用をもちリラックス効果もある「ビルベリー葉エキス」の3種の成分で作られていてストレス肌の大きな味方になります。

アヤナスの力でストレスに負けない強い肌を作りましょう。