アヤナスはドラッグストアなどの店舗に売ってるの?

アヤナスはドラッグストアや店舗、アマゾンなどに売ってますか??

ディセンシア アヤナスはポーラ・オルビスグループの通販専門化粧品です。
薬局や店舗に販売店はありませんので、公式ホームページの通販でのみ購入が可能です。

ディセンシア アヤナス公式HPへ

 

・・・ほんとに通販限定なの?と疑っている方wたとえば、「アヤナス 通販」と検索すると、公式HPの広告が出てきます。

公式HPにもアヤナスの店舗はないと記載も

アヤナスの取扱店・店舗について|ドラッグストアに売ってる?
ほんとに通販でしか購入できない化粧品なんですね。
しかし、販売店を置いていないのにも実は、理由があるのです。
百貨店やドラッグストアなどに置いてしまえば、どこでも購入できて便利ですが、実はデメリットもあるんですね。
なぜ通販しか扱っていないか気になる方は、当サイトの一番下をご覧ください。

アヤナスの取扱店・店舗について|ドラッグストアに売ってる?

 

それでもアヤナスの取り扱いがある店舗を探してみた

アヤナスが通販限定とは言え、どこかで横流しと(w)されているのではなかろうかと、ありとあらゆる店舗に電話をかけてみましたw百貨店としてはダ〇マル、高〇屋、松〇屋などなど、有名ドラッグストアの店舗にも直接聞きに回りましたが、どこの店舗にも置いてありませんでした。百貨店に至っては案内窓口で置いていないと言われましたが、店舗を探している人の問い合わせが良くあるようです・・・。
アマゾンや楽天にはあるかも!と思い、もはや店舗とか関係なくなってきましたが、アマゾンには公式がネット通販ショップを構えて販売しているようです。楽天は良くわかりませんでしたが、いくつか商品を通販で見つけることが出来ました。しかしこれなら、直接公式HPの通販で購入した方が賢そうです。さすがに、店舗で購入することはもう諦めました・・・。

ディセンシア アヤナスとドラッグストアのコスメの違いはここ

アヤナスの取扱店・店舗について|ドラッグストアに売ってる?

ポーラ研究所が独自の研究をもって創り上げた敏感肌用エイジングケア化粧品がディセンシア アヤナスのシリーズです。
ドラッグストアには、いわゆるプチプラコスメ的な保湿化粧品で溢れていますが、ディセンシアシリーズとドラッグストアの化粧品の違いを一言で表せば、「肌に優しい」ということです。

 

アヤナスは元々敏感肌の方の為の化粧品ブランドですので、化粧水を顔につける時ピリピリするとか、お風呂上りにカサカサすると言った方にピッタリのシリーズです。
エイジングケア化粧品として大変人気なのも、エイジングケアが必要な年齢の方のお肌は、間違いなくと言ってよいほど敏感肌傾向に傾いているからです。

 

そんな状態で、刺激が強いばかりか肌に優しくない化粧品を選んでしまっては、元も子もありません。
ドラッグストアに並んでいる一部の安価な化粧品は、保湿とは名ばかりでほとんど水、のような化粧品も少なくありません。水分は、蒸発するときにお肌自体が保持している水分も一緒に奪って行きますから、
水のような化粧品を使っていても本当に意味がありません。

 

ディセンシアの特許応用技術であるヴァイタサイクルヴェールは、乱れた角層の代わりとなる人工のバリアですので、保湿面だけを取ってみても今までになかったレベルの保水力を誇ります。
一度乾燥肌・敏感肌専門ブランドの実力を体感してみてください。

アヤナスの取扱店・店舗について|ドラッグストアに売ってる?

 

ディセンシア アヤナスここがおすすめ!

肌のゆらぎに翻弄されている人に

敏感肌の人はもちろん、ずっと平気だったのに年齢と共に急にゆらぎ始めたという人も、ストレスや体調などですぐにゆらいでしまう人に評判の良いコスメです。

 

ダメージで枯れ肌になってしまった人に

乾燥や紫外線によるダメージで肌が人より老化して見えてしまうということも。ディセンシア アヤナスは枯れ肌対策にもぴったりで、本来の肌を取り戻すことが出来ます。

 

なかなか肌に合わなかった人に

高価な美容液を使ってもほとんど結果が出なかったという人は、肌が成分を受け取れる環境ではなかったことが原因かも。ディセンシア アヤナスは、まず浸透させられる土壌作りから始めます。

やっぱりディセンシア アヤナスが選ばれる理由

長年真摯に一つのテーマに対して研究を続けてきたメーカーには、やはりそれだけの結果がついてくるのでしょう。
ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌専門ブランドで、ずっと一途に敏感肌と向き合ってきたメーカーです。
その真摯な態度は今でも変わらず、肌の研究部門から製造部門までをすべて国内の自社グループの中で行い、確実と言える商品を世に送り出している姿勢には安心と信頼を感じます。
使われる成分は名前が同じであっても品質の良いものしか選ばない、と明言するように、敏感肌の人が使って赤みも刺激もかゆみも起きない理想的なエイジングケアアイテムに仕上がっているのは流石というところでしょう。
弱い肌を護って育てるというとてもシンプルな仕事でありながら、これだけの支持を得ているアイテムは他に見当たりません。
長年敏感肌に悩んできた人も、年齢やストレスに翻弄される肌に悩む人も、肌のことなら任せておける化粧品があるということは、とても心強いことなのです。

ディセンシア アヤナス公式HPへ

ディセンシア アヤナスに店舗がない理由

ディセンシアの名前の由来は、【 decency = 大切なことを大切に 】という言葉からきています。この言葉をもとに2007年に誕生した敏感肌専用ブランドです。
私は縁あってディセンシアの社長さんともお会いしたことがありますし、スタッフの方とも直接お話しを伺ったことがあります。

 

一般的に通販専門ブランドは、店舗に在庫を置いて管理をする販管費や、各販売店におけるプロモーションのコストを下げると言う点で非常に有利なのですが、ディセンシアさんはただそれだけではなく、本当に敏感肌に悩んでいる女性のことを考えて、商品開発はもちろんのこと、私たちお客さんに対するアフターケアやサービスに関してもとてもしっかりとした考えをお持ちでした。裏を返すと、販売店を展開しているブランドは、それだけ管理費用もかさむ為、たくさんの人に購入してもらう必要があります。ですから、当たり障りのない商品になりがちです。販売店に係るコストを削る代わりに、「敏感肌」というターゲットに絞った商品開発を可能にしています。

 

大手薬局の店頭販売では、誰がいつ、どの商品を購入していったかなんて、絶対に把握が出来ないわけです。そして、そういった方が実際に使ってみてどうだったか、お客さんが電話やメールでも送らない限りわからないのです。その点、通販オンリーだと、お客さんの事細かな状況が分かったうえで、自社の商品を使ってもらうことが出来るんですね。商品の同包物や季刊誌もほんとにしっかりしていると思います。

 

お客さんの顔が見えやすい、意見がもらいやすい、ファンになってもらいやすいのが、通販専門ブランドのメリットなんですね。